メインイメージ

市販ドッグフードの危険性まとめ

市販されているドッグフードは、安価でリーズナブルで便利というメリットもあります。
しかし、実は着色料や香料、酸化防止剤などの合成添加物がたっぷり使われているなど、愛犬の健康を考えると不安な要素が沢山あります。
ここでは、そんな市販ドッグフードの危険性を考えてみました。

広告に流されずに選ぼう!

ドッグフードを選ぶときは、テレビなどの曖昧な宣伝文句に流されずに、しっかりとした基準を持って製品を探しましょう。
原材料の品質や合成添加物の有無などを確認することが大切です。

合成添加物に注意

合成添加物を使用していないことを明記しているフードを優先的に選びましょう。
ナチュラルフード・オーガニックフードと呼ばれるフードがおすすめです。

また、トップページでも記載していますが、この際、パッケージの裏面に表記されている原材料表示は参考になりません。
なぜなら、日本国内ではペットフードに含まれている全ての材料を表示する義務がないからです。
沢山入っているものから順番にある程度記載すれば良いだけで、全体の量と比べれば少量しか含まれていない合成添加物は、パッケージの裏面に記載されることが殆どありません。

そして、スーパーやドラッグストア、ペットショップで販売されているフードの殆どは、合成添加物を使用しています。
さらに、動物病院で取り扱っているようなメーカーでも、化学保存料などの添加物は使用されているということを覚えておきましょう。

化学保存料の代表例として挙げられるのが、BHAやBHTなど。
エトキシキンなども注意したい合成添加物です。
※合成添加物を使用していないドッグフードの代表例としては、カナガンなどが挙げられます。

穀類にも注意

市販されているドッグフードの多くに使用されている原材料のひとつに穀類が挙げられます。
一般的に、穀類はフードのかさ増しに使われますが、本来犬にとって必要のない食材。

穀類は人間にとっては必要不可欠な食材ですが、犬には必要ありません。
犬の身体は、穀類を消化する構造になっていないのです。
アレルギー、肥満などの原因になってしまいます。
穀類を可能な限りカットしたフードを選んであげる様に心がけましょう。

油の大量使用に注意

市販のドッグフードには、ワンちゃんの食いつきを良くする為に、油を大量に配合しているものが多いです。
しかも、私たちが料理のときに使うようなキレイな油が使われる訳ではありません。

コスト削減の為に、使い古された油を再利用することが多い様です。
そして、使い古し油を使用すると、毒性の強い強力な酸化防止剤を使う必要が出てきます。

上記したBHAやBHTなどです。
これらの酸化防止剤は毒性が強く、発がん性の恐れもあります。

劣悪な原材料

ドッグフードには、人間用としては使えない劣悪な原材料が使用されることもあります。
原材料の品質を落とすことによって、コスト削減を実現しているのです。
どれくらい劣悪かと言うと…

○病死した畜肉
○抗生物質を過剰投与して基準を超えてしまった畜肉
○動物の嘴・毛・蹄・骨

これらは人間用として使うことは法律で禁止されていますが、ペット用として使うことは禁止されていないのです。
これらはレンダリングと呼ばれることもあります。
いわば動物の死骸をリサイクルしている訳です。
劣悪なペットフードメーカーは、人間の食品をつくるときに生じた「廃棄物」を再利用して利益に結び付けようとしているのです。

もちろん、こういったペットフードは結果的にリーズナブルに購入することができますが、その代償として、愛犬の健康状態を大きく損ねます。
こういったドッグフードは選ばないようにしましょう。

トップに戻るトップに戻る