メインイメージ

ペットフード安全法と製造基準

近年のペットブームによって犬はただの番犬からペットを経て大事な家族へと変化をしました。
家庭の中での位置付けが変わったことによって、犬に対する扱いも変わってきました。
昔は人間の残飯を与えていたのがドッグフードを食べるのが当たり前になりました。
そのドッグフードも今では市場がどんどん拡大して、様々なメーカーからたくさんの種類が販売されています
たくさんある商品の中から、飼い主は愛犬にとって合った健康で長生きできる製品を選ぶことが大切になっています。

現在、国内で販売されているドッグフードは国産のものだけでなく外国産のものもあります。
この様々なフードは全てペットフード安全法の製造基準に合ったもののみが販売されています。
製造基準似合わないものは違法として販売が停止されるようになっています。
製品を販売する前には必ず試験が行われ、有害物質が用いられていないか、工場の安全性、などが検査され合格したものが販売を許可されます。
この製造基準や試験内容はドッグフードのみでなく、キャットフードはもちろんおやつといったペットが食べる全てのものに行われます。
そして、全てのものがその基準をクリアしないと販売できないようになっています。
ですから、基本的に市販されているドッグフードについては安心安全と考えることができます。

しかし、ペットフード安全法で使用が認められている添加物の中には人間への使用が禁止されているものがあったり、人間よりも多量に使用が認められているものもあります。
このような観点から、飼い主判断でたくさんのドッグフードの中からより愛犬に良いものを選ぶことが大切になってきます。
ありがたいことに、ペットフード安全法で表示基準も設けられており、使用している添加物や原材料の情報は記載がされています。
ですから、これらの情報をもとに、添加物、原材料、価格、賞味期限、内容量、様々な要素から愛犬と家庭の条件にあったものを探し出し給餌するようにしましょう。

トップに戻るトップに戻る