メインイメージ

食事と散歩のタイミング

ドッグフードを与えるタイミングについて解説していきます。
犬にドッグフードを与えるタイミングをどうされていますか。
一般的に成犬ですと一日2回朝晩に与えその後にお散歩に出かけるというパターンが多いようです。
犬の成長や健康について考えた際、本当にその食事、散歩のタイミングで適しているのか考えてみましょう。

確かに犬自体は飼い主が決めたタイミングの食事やお散歩時間でも習慣として備わってきますので問題はありません。

しかし、自分たちが食事をする時のことを考えてみましょう。
身体を動かしたあと、食事前の軽いウォーキング後などに食事を摂るほうが身体への吸収率も高まり食事もおいしく感じ食が進みます。
犬も同様でお散歩で排泄を行い軽く運動をしてから食事を摂った方が健康的な食事の摂り方となります。

次に犬の成長で見ていくと生後3~6か月の赤ちゃん犬の場合は離乳期なので歯や骨そして筋肉などの組織を構築していくのに必要な栄養成分であるカルシウムやリンが豊富に含まれた「パピーフード」を与える必要があります。

食事の回数も一日3~4回ほどが目安と言われています。
子犬の場合は成犬と違い色々なことを覚えさせる時期でもあります。
子犬の場合お散歩は社会と繋がる場でありますが外の環境や排便や排泄を覚える場でもあります。
お散歩デビューはワクチン摂取のタイミングやかかりつけ医の許可がおりてからが望ましいといわれています。

犬ごとのベストなタイミングを見つけてあげることがポイントとなります。

トップに戻るトップに戻る