メインイメージ

穀物入りドッグフードのメリットと注意点

ドッグフードには穀物が入っているものとそうでないものがあります。
穀物は実は犬にとって絶対必要なものではありません。
犬によってはトウモロコシや大豆のアレルギーがある場合もあります。
では、なぜ穀物を入れる必要があるのでしょうか。

まず、穀物を入れるメリットとして、便秘予防があります。
穀物は繊維質を豊富に含んでいるので腸の掃除をしてくれるのです。
ただ、犬の胃腸は穀物の消化が苦手です。
それゆえに穀物が腸内で膨れて便の排出を助けてくれるのですが、消化には負担がかかってしまいます。
犬によってはこの穀物の消化がかなり辛くて嘔吐や下痢を起こしてしまうこともあります。
さらに、トウモロコシや大豆は先に述べたようにアレルギーを引き起こしてしまう可能性もあり、下痢や皮膚のただれやかゆみの原因となってしまうこともあります。
そのため、商品によっては穀物をカットして、排便効果に野菜を用いているものもあります。
なので、アレルギーや消化不良の心配がある場合は穀物カットのドッグフードを選びましょう。

では、穀物が体にあまり良くないのにドッグフードに用いられるのはなぜでしょう。
まずはダイエット対策があげられます。
穀物を用いることで少量で満腹感を得ることができたり、脂肪分のカット効果がありダイエット効果を得るのです。
もう一つは原材料費のコストカットのためです。
穀物を用いることでフードのかさ増しをしてコストのかかる肉類の使用量を減らして原材料費を抑えているメーカーもあるのです。
このような穀物を多用するメーカーのドッグフードは決して犬の体に良いものではないですから購入するのは避けましょう。
穀物の量は商品の品質表示を見ればわかります
大豆やトウモロコシ、小麦の使用量が多い商品はその分肉類の使用料を減らしていることが多いため、タンパク質の量が減りがちです。
そのため、胃腸にも負担になりますしタンパク質不足を引き起こす可能性があるので良い製品とは言えません。
購入時にきちんと成分表示を見て穀物が適切な量がもちいられているものを選ぶようにしましょう。

トップに戻るトップに戻る