メインイメージ

餌はドッグフードだけで大丈夫なの?

犬をはじめて飼うときに、餌はドッグフードだけを与えればよいのかどうかが気になるポイントではないでしょうか。

基本的に、ドッグフードのみで犬を育てることは可能です。
ただ同じドッグフードを与える場合、犬が飽きてしまう可能性があるので、時々は味の変化をつけるために、ドッグフードを替えたり、手作りの一品をあげてもよいでしょう。
ただ頻繁に手作りの餌を与えてしまうと、ドッグフードを食べなくなってしまうこともあるので、気をつけましょう。

手作りの餌をあげる場合には、少量ずつ様子を診ながらあげましょう。
手作りする場合には、鶏の胸肉やササミ、手羽先、牛肉、豚肉を加熱してからあげることです。
茹で卵や豆腐をあげてもよいでしょう。

果物は糖質が多いので、あげ過ぎると肥満や下痢になってしまうので注意しましょう。
ドッグフードに加熱した肉を刻んであげてもよいでしょう。

ドッグフードで育てるメリットは、誰でも餌を与えることができるということです。
もし飼い主が仕事などの用事で餌を与えることができない場合でも、飼い主以外からでも餌を与えることができます。

また同じ餌を与え続けることで、健康管理を行うことができます。
便の状態や変化などを知ることができるので愛犬の状態を知ることが出来るでしょう。
同じドッグフードを与えていれば、ドッグフードをストックしておくこともできます。
災害があったときも、同じ餌をあげ続けることができるでしょう。

トップに戻るトップに戻る