メインイメージ

牛肉のドッグフードのメリット

ドッグフードに最も用いられている肉は鶏肉です。
鶏肉が用いられるのは、手に入れやすさ、価格、高タンパク低カロリーであること、嗜好性が高いこと、アレルギーが少ないことが挙げられます。
犬にとって食事は1日の中で大切な楽しみの時間の一つです。
そして、飼い主とのコミュニケーションの時間の一つでもあります。
ですから、少しでも美味しいと思えるものを与えたいと思うものです。

食いつきが悪くなったり、アレルギーの問題で鶏肉ベースのものからドッグフードを変えたいと思った場合、牛肉からできているものを与えるのもオススメです。
牛肉は鶏肉同様に犬にとって好物な肉類の一つです。
だからといって、すぐにドッグフードをビーフメインのものに切り替えるのは難しいものです。
今食べているものを捨てるのはもったいないですし、すぐに切り替えると胃腸の具合が悪くなることもありますし、そもそも本当に愛犬が牛肉が鶏肉よりも好きかわからないためです。

そこで、オススメな方法がまずはおやつで与えてみて好みを確かめることです。
ビーフジャーキーのような牛肉をベースに作られたおやつもたくさん販売されています。
こういったおやつで与えて気にいるようであれば、少しずつドッグフードを切り替えてみましょう。
牛肉は栄養価も高く、嗜好性も高いです。
これは、全てのフードにあてはまることですが、購入の際にはきちんとしたメーカーの信頼できるものを選びましょう。
フードに用いられる肉類の中には4Dミートと呼ばれる人間には使えないような腐敗したものや病死した動物の肉を使用したものがあります。
こういったものを使用していると、粗悪な肉であることをごまかすために大量の添加物が使用されていることがあります。
特に牛肉を用いたフードは外国のメーカーのほうが取り扱いも多く安心安全なものが多いです。
国内のドッグフードメーカーだけにこだわらず、幅広く商品を比較して納得のできるものを探すようにしましょう。

トップに戻るトップに戻る